DesignBuilder5.0の稼動要件

<ハードウェア要件>
・グラフィックアダプタ –  DesignBuilderを実行するには、100%OpenGL互換のグラフィックアダプタが必要です。
ミッドレンジ以上のNVIDIAカードが最も信頼できます。マザーボードに統合されているグラフィックアダプタの中には、DesignBuilderを実行できないものがあります。

・メモリ –  DesignBuilderは使用可能なすべてのメモリを使用します。少なくとも4GBが推奨され、高度なモデリングやシミュレーションには8-16GBが推奨されます。

・CPU速度 ? CPU性能が高いほど高速です。 i7またはXeonが理想的です。

・コア – 複数のプロセッサは必ずしもDesignBuilderのシミュレーションをスピードアップするわけではありませんが、シミュレーションの実行中にコンピュータの使用を続けることができます。クワッド(またはそれ以上)のコアプロセッサは、使用中のソフトウェアの応答性を高めます。

<推奨環境>
・Windows10 (Windows7,8も可) 
・4つ以上のコアのi5、i7、またはXeonプロセッサ。
・8?16 GB(またはそれ以上)のRAM。→2GBのみ対応とサプライヤーのコメント?確認中
・200 GB以上の空きディスク容量。SSDも操作が早く、ラップトップPCに適する。
・マウスやラップトップトラックパッドなどのポインティングデバイス。
・32ビットカラーモードで動作するハードウェアアクセラレーション付きの、NVIDIAグラフィックアダプタ。
・17インチ以上、1280 x 1024ピクセル以上の画面。DesignBuilderでの使用には大画面(27インチなど)が理想的です。(モデリングプロセスの効率化、および高品質の視覚化画像の表示、およびDesignBuilderモデルのウォークスルーおよびCFD結果の表示のため)