『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

昨年読んだ本の中でおすすめの本。

新井紀子氏による本書は、東ロボくんの挑戦を紹介しながらAIの発展について述べ、シンギュラリティの到来の否定、対する現代の人間の言語力でのつまずき、そしてその結果の将来への危惧を提示している。

読みすすむうちには、いくつかのショッキングな事実が展開されている。

まずは、marchレベルの大学の一部の学部入試には既にロボットが合格できる知能を有しているということ。だが、膨大な知識の入力を前提に、あるいは蓄積されるデータとの連携を前提にするのなら、それは入出力プログラムの発展を意味するだけであり、これがはたして知能といえるのかどうかが問題となる。

そこで2つの点が重要となる。

まずは、文章や言葉の構造を現在のコンピュータが認識する方法では、決して意味の理解には繋がらないという事実。だからシンギュラリティはあり得ないと筆者は断言している。(勿論シンギュラリティの定義は重要)

次は、そのようなコンピュータでも合格できてしまうような入試問題が有名大学でも出されている事実。これは即ち現代の試験制度や教育への大きな問題提起なのだ。本書によれば小学校の国語の教科書レベルの文章すらきちんと理解できていない子どもたちも多く示されているいるはず。この国語の理解が思考力に繋がり新しいものを生み出すことができれば、AIに負けない。

本書には、AI導入された社会の本格到来時のおこりうる危機について著者の見解がしめされており、大変興味深い。

事業として真剣にこの時代に立ち向かえるようなモデルをつくれるよう、頑張らないと!という前向きな気持ちへの後押しと、そのための具体策のヒントが沢山載せられている。

事業をつくる立場ではなく教育的側面からも、また子育ての側面からも、心に留めておきたいことが沢山みつかった。