ADOBE MUSEを使ったホームページ

今回設計事務所をたちあげるにあたり、Adobe Muse を使いホームページも設立しました。これにあたり考えたことは大きくいうと下記二点。

①コストをかけず、デザイン機能にすぐれたものをつくる

②設計事務所のホームページとして必要なものを表示すること。

①について、記録をかねてかいておく。今回の条件としては下記のとおり。

・独自ドメインは既に取得済み

・ドメインメールはグーグルのGスイートで運用中

まず、かなりデザイン性の高いHPをつくることのできるサービスがいくつかあったので、それを検討。Weebly や、Wix.com など。 ブログのみ使用することにしたこのWordpressもこれらに含まれる。 これらの多くは、通常は無料でホームページを作成使用できるが、独自ドメインを使用する場合は料金が発生する。Weeblyだと$8/月など。 不満点としては、テンプレートを使用するため、自由度がかぎられること。フォントも選べるものが限られること。どうしても商用っぽい印象になること。

それで、Adobe Muse を使用してデザインは自分で作成し、Xdomain の無料サーバーを使用してアップロードをすることにした。利点は下記のとおり。

・Museはコード記述の必要なく、100%自由なデザインが可能。私の場合は技術的に要勉強だが動画やアニメーションなどを載せることももちろん可

・Museを使用するためのAdobeCC以外は基本的に無料

ドメインはEnom社に登録されているため、ここでDNSレコードを追記した。また、Gスイートでドメインメールを使用するため、MXレコードを再指定する必要があり、WEB知識のない私にとってはまるで霧をつかむよう。それでも、グーグルのすばらしいサポートにたよること数回、なんとか完遂。大変だった。

Museはなかなか優れたソフトで、ユーザーとしてはこれが2020年にサポート終了してしまうのは全く合点がいかない。とりあえずこちらでできることとしては、それまでに基本を構築完了し、サポートなしで暫く運営できる状態にしておくこと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中